Q

肘部管症候群の術式について

以前肘部管症候群について相談させていただいたものです
痺れはあるものの筋萎縮もないことから手術にタイミングは少し早い気がするが外科的にアプローチするのもありだろうと言われました
左右握力の低下、肘関節異常なし、指の運動および神経伝導速度の遅延は認められません
来月再度受診して手術をするか決定するのですが、現在の症状であればオズボーンバンドの切開による徐圧で十分とのことでした
そこで質問なのですが術式は色々あるようですが私の場合はこの術式で十分なのでしょうか?
また、他の術式の方が予後が良い成績がよいなどはあるのでしょうか?
よろしくお願いします
(30代/男性)

質問者:cAMP さん

3人の医師からの
回答があります

taka991120 先生

taka991120 先生による、cAMPさんの肘部管症候群の術式についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。