肝膿瘍 ビシリバクタとワーファリンの組み合わせ

person 70代以上/男性 -

二回目の相談ですが、糖尿病の持病を持つ父が、一週間前から肝膿瘍の疑いで入院しています。
入院当日から抗生剤のビシリバクタ静注用3グラムを7日間点滴していましたが、8日目の今日、白血球の上昇やガンマGTPの上昇(入院時より)という副作用が、見られ抗生剤投与を中止しました。
父は、糖尿病のため抗凝固薬のワーファリンを飲んだままビシリバクタを点滴していたのですが、この2つの併用は禁止ではありませんか?
ワーファリンを飲んだまま、ビシリバクタを投与することはあるんでしょうか?

また、抗生剤が効かないから肝膿瘍でなく腫瘍の可能性があると言われたそうですが、抗生剤が合ってないだけではないでしょうか?
ちなみに、膿瘍は、3センチ大のがひとつ、5センチ大のがひとつ、あるそうです。
昨日穿刺をして、生検をした結果が3日後に出ますが、胆管癌やその他の癌である可能性はどのくらいありますか?
担当医師がまだ30そこそこで若く、薬の件や穿刺の仕方などで、不信感ばかりです。
どうか、ひとりでも多くの肝膿瘍に詳しいお医者様に、ご意見を聞きたいです。
よろしくお願いいたします。

person_outlineメーガンさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師