C型肝炎からの肝臓ガン、治療回数、生存率

person60代/女性 -

lock有料会員限定

母親(69歳)がC型肝炎による肝臓癌に2年前になりました。
そこから抗がん剤もしましたが合わず、4回治療のために入院しました。
初めはラジオ波、次はエタノール、そのつぎは、抗がん剤塞詮術、その後またエタノールです。(正式名称覚えていません。すみません。)

今度また再発しています。
母は看護師だったので小まめに検査を受け、C型肝炎の時もきちんと治療はしていました。

しかし、何度も再発を繰り返し、治療五回目を迎えようとしています。母は詳しい先のことは聞こうとせず、家族にも知ってほしくないといっていてなかなか先生と詳しい話ができておらず不安です。

一番はじめの癌が出来たとき、10回治療してらっしゃるかたもいるんですよ。と勇気付けられたのですが、今となってはカウントダウンされているようで恐いです。

それ以上治療続けている例などはあるのでしょうか。それは珍しいことなのでしょうか。簡単に計算してもあと2年…。と思ってしまいます。

今は一人で暮らしており、まずは元気にくらしているのですが、もっと長生きしてほしいし、色々楽しい思いでも作ってあげたいのです。
腹水も利尿剤は飲んでますがなく、黄疸もありません。

血液検査の結果値の基準値枠外のところだけ記載します。
RDW CV 14.8
血小板 12.4
AST 44
総ビリルビン 1.4
直接ビリルビン 0.6
尿素窒素 31.0
クレアニチン 1.19
尿酸 6.5
クロール 6.5
AFP 20.5
PIVKA2 175
です
よろしくお願いいたします。

person_outlineようさん
2名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師