Q

直腸カルチノイドの切除方法

直腸NET(カルチノイド)腫瘍の切除方法について伺わせて下さい。
大腸カメラ検診で直腸カルチノイドが見つかりました。(大腸カメラ検診後、その場でいただいた用紙には「大きさ5-10mm」と記載されていました)
病院を受診した所、医師から「切除した方がいい」という事で、術前検査は行わずに内視鏡EMRで切除しました。
→切除材料の病理診断結果は切除断端陰性で、脈管浸潤無し、治癒切除ができているとの事でした。
※インターネットや、このサイトで調べると「直腸カルチノイドは大きく深く切除する必要があるので内視鏡ESDで切除する」との意見を多く見ました。
しかし私の担当医師は「内視鏡ESDは大きく切除はできるが深くは無理だ。深部に残る可能性があるから、術式は内視鏡EMRでやる」と説明されました。
◆先生方に伺いたいのですが、
1)術式は内視鏡ESDで切除した方が良かったのでしょうか?(もっと大きく・深く切除した方が良かったのか?)
2)転移や再発を考えると、今から追加切除などして、もっと大きく・深く切除してもらった方が良いのでしょうか?
(切除材料の病理診断結果で切除断端陰性で脈管浸潤無しとのことでしたので内視鏡EMRで問題無かった、追加切除の必要は無いという事なのでしょうか?)

宜しくお願い致します。

(40代/男性)

質問者:不安男子 さん

はるる 先生
全科

はるる 先生

切除断端陰性で、脈管浸潤無し、治癒切除ができているとの事であれば、問題ないと思いますが、ご不信のようですから、病理のプレパレートを、大学などの、別の病理医のセカンドオピニオンを受けてもいいと思います

不安男子さん

親切な御回答ありがとうございます。
自分は「切除断端」や「脈管侵襲(脈管浸潤?)」の意味がいまいち理解できておりません。
直腸カルチノイド腫瘍が粘膜下層深く、固有筋層に近くなればなるほど転移の可能性が高いと記載されていましたので、内視鏡ESDで広く深く切除した方が良かったのではないのか?本当に内視鏡EMRで良かったのか?追加切除した方が良いのか?
とにかく「転移は本当に大丈夫なのか?今、もっとやれる事はないのか?」と転移不安な気持ちで日々を過ごしております。
因みに切除材料の病理診断結果は下記となります。
◆病理診断結果
・粘膜下組織〜粘膜内に腫瘍組織を認める。
・NET G1と考えられる。
・腫瘍の大きさは標本上4×2.5mm。
・切除断端は標本上陰性(側方2.5mm、深 部0.5mm)
・脈管浸潤は認めない。
・治癒切除ができています。
この様な病理診断結果だったのですが、どうなのでしょうか?
もっと広く、深く追加で切除した方が安心なのでしょうか?
お忙しい中大変恐縮ですが、また御回答いただけたら幸いです。

古河福祉の森診療所 赤荻 栄一 先生
呼吸器科

プロフィールを見る

赤荻 栄一 先生

前に腫瘍の大きさについて質問していた方ですね。
切除標本で、断端陰性かつ脈管侵襲なしだったわけですから、それで完全に取れています。
EMRで問題なく取れているわけです。

不安男子さん

親切な御回答ありがとうございます。

自分は「切除断端」や「脈管侵襲(脈管浸潤?)」の意味がいまいち理解できておりません。
直腸カルチノイド腫瘍が粘膜下層深く、固有筋層に近くなればなるほど転移の可能性が高いと記載されていましたので、内視鏡ESDで広く深く切除した方が良かったのではないのか?本当に内視鏡EMRで良かったのか?追加切除した方が良いのか?
とにかく「転移は本当に大丈夫なのか?今、もっとやれる事はないのか?」と転移不安な気持ちで日々を過ごしております。
因みに切除材料の病理診断結果は下記となります。
◆病理診断結果
・粘膜下組織〜粘膜内に腫瘍組織を認める。
・NET G1と考えられる。
・腫瘍の大きさは標本上4×2.5mm。
・切除断端は標本上陰性(側方2.5mm、深 部0.5mm)
・脈管浸潤は認めない。
・治癒切除ができています。

この様な病理診断結果だったのですが、どうなのでしょうか?
もっと広く、深く追加で切除した方が安心なのでしょうか?

お忙しい中大変恐縮ですが、また御回答いただけたら幸いです。

赤荻 栄一 先生

・NET G1というのは、最もおとなしいNETだということはいいですか?
・切除断端が陰性ということは、腫瘍のはじから切りとられた部位までの間に正常な組織があったということです。このことは、取り残しなく切り取れたかどうかを判断する大事な所見です。これが陰性ということは、取り切れているということになります。
・そして大事なことは、脈管侵襲(浸潤)です。がんはリンパ管や血管の中に入り込んで転移を起こします。ですから、病理組織検査で脈管侵襲がないことは転移を起こす理由がないことを証明してくれたことになります。いいことです。
これで十分だということですよ。

不安男子さん

先生の説明で理解できました。
本当に、本当にありがとうございました。

不安男子さん

すみません。もう一点教えていただきたく。
内視鏡(EMR)切除後の病理診断結果で「切除断端は標本上陰性(側方2.5mm、深 部0.5mm) 」との所見だったのですが、
・側方2.5mm
・深部0.5mm
というのはどうなのでしょうか?
全くの素人の自分は、特に深部0.5mmというのがギリギリすぎる気がするのですが、先生はどの様にお考えになりますでしょうか?
直腸カルチノイドは深くから切除する必要があるとの事で、やはり残存や転移がとにかく心配です。

御回答を宜しくお願い致します。

赤荻 栄一 先生

病理所見で最も重要な点は、一番おとなしいタイプで、しかも脈管侵襲がなかったということです。つまり、良性腫瘍と同じと言っていいものです。そういう腫瘍ならば、腫瘍と切除断端の間に少しでも正常組織があれば、完全に取りきれていると考えます。

comandante 先生
消化器外科

comandante 先生

直腸カルチノイドのほとんどは粘膜下腫瘍の形をとります。EMRといっても完全切除されたのであるなら、ESDに近い形で切除されたのではないかと思います。

不安男子さん

親切な御回答ありがとうございます。
自分は「切除断端」や「脈管侵襲(脈管浸潤?)」の意味がいまいち理解できておりません。
直腸カルチノイド腫瘍が粘膜下層深く、固有筋層に近くなればなるほど転移の可能性が高いと記載されていましたので、内視鏡ESDで広く深く切除した方が良かったのではないのか?本当に内視鏡EMRで良かったのか?追加切除した方が良いのか?
とにかく「転移は本当に大丈夫なのか?今、もっとやれる事はないのか?」と転移不安な気持ちで日々を過ごしております。
因みに切除材料の病理診断結果は下記となります。
◆病理診断結果
・粘膜下組織〜粘膜内に腫瘍組織を認める。
・NET G1と考えられる。
・腫瘍の大きさは標本上4×2.5mm。
・切除断端は標本上陰性(側方2.5mm、深 部0.5mm)
・脈管浸潤は認めない。
・治癒切除ができています。
この様な病理診断結果だったのですが、どうなのでしょうか?
もっと広く、深く追加で切除した方が安心なのでしょうか?
お忙しい中大変恐縮ですが、また御回答いただけたら幸いです。

comandante 先生

病理診断結果を見ますと、もしESDを行なったとしても深部断端距離が0.5mm程度伸びる可能性があるくらいです。それが予後に影響することはまずありません。
特に追加で施行すべきことはなく、医師の指示とおり、経過を見ることをお勧めします。

不安男子さん

すみません。もう一点教えていただきたく。
内視鏡(EMR)切除後の病理診断結果で「切除断端は標本上陰性(側方2.5mm、深 部0.5mm) 」との所見だったのですが、
・側方2.5mm
・深部0.5mm
というのはどうなのでしょうか?
全くの素人の自分は、特に深部0.5mmというのがギリギリすぎる気がするのですが、先生はどの様にお考えになりますでしょうか?
直腸カルチノイドは深くから切除する必要があるとの事で、やはり残存や転移がとにかく心配です。
御回答を宜しくお願い致します。

comandante 先生

脈管浸潤がなければ、腫瘍はその部位に限局していると考えます。その場合、切除断端が陰性であれば完全切除と判断します。しかし、近傍に目に見えないような転移が生じている可能性はゼロではないかもしれません。ESDを行ったとしてもその可能性はゼロにできないと思います。不安があるようでしたら、主治医に相談されることをお勧めします。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。