Q

CCRT、シスプラチン投与の回数

子宮頚がん(扁平上皮がん)の高リスクで、ただ今放射線治療中です。
1週目にシスプラチンを4日間で投与し、また2週開けて同じく投与する旨の説明を本日受けたのですが、あと一回のシスプラチン投与で放射線治療の奏効率はどの位上がるのでしょうか?
副作用がキツく、ほんのわずかの効果ならやめたいと思っています。
(50代/女性)

質問者:もみじ さん

傍腫瘍内科医 先生
救急医療科

傍腫瘍内科医 先生

現在ガイドラインなどで推奨され、医療現場で行われいる治療は、沢山の患者さんに実施されて効果が医学的に証明されたものです。
なので、今回のシスプラチンも規定された回数を行なって効果が実証されているので、一回のみで、その効果が担保できるかは分からないということになります。
ただ、シスプラチンは経験されている通り、食欲不振など消化器症状が強くてしんどくなる方は少なくありません。腎機能も見て投与量を減量するのは一つの選択肢だと思います。

もみじさん

返信ありがとうございます。

なるほど… 投与量の減量という事も出来るのですね⁈
次回、主治医の先生に相談してみます。
ありがとうございました。

傍腫瘍内科医 先生

投与量を80%程度にするだけでも、幾分楽に感じる事が多いです。
また、他の先生も書かれている通り、主治医の先生とよく相談することが大事だと思います。

もみじさん

先生のアドバイスで、少しだけ治療を続ける方向で考えてみようと言う気持ちになりました。
本当にありがとうございました。

ベテラン腫瘍内科医 先生
血液内科

ベテラン腫瘍内科医 先生

シスプラチンの副作用として、どのようなものが出ているか書かれていませんが、シスプラチン投与は放射線治療の奏効率を上げるものではなく、これ自体が抗がん作用を示して、子宮頚がんを治すものです。
シスプラチンを1週目に4日間だけ投与するだけで治るほど、がんはヤワなものではありません。
治ることを願って、次回も受けてください。

もみじさん

返信ありがとうございます。
説明不足ですみません。
今回は、TP療法3クール終了後のCCRTです。
投与方法の違いからなのか、薬の蓄積によるものなのか?
または、放射線と併用しているからなのか?
過去の治療に比べ、かなり辛いです。
治療の度に下がっていくeGFRの数値も気になります。
あと一回する事のメリットとデメリット、考えてしまうのですが…

もみじさん

返信ありがとうございます。
説明不足ですみません。
今回は、TP療法3クール終了後のCCRTです。
投与方法の違いからなのか、薬の蓄積によるものなのか?
または、放射線と併用しているからなのか?
過去の治療に比べ、食欲不振かなり辛く、水分・食事があまり摂れません。
治療の度に下がっていくeGFRの数値も気になります。
あと一回する事のメリットとデメリット、考えてしまうのですが…

ベテラン腫瘍内科医 先生

TP療法を受けていれば、すでにシスプラチンを使用しているわけですね。
であれば、CCRTで、どうしても、シスプラチンが必要ではないかもしれません。
腎機能障害もあるようですから、無理に投与することはないでしょう。
主治医とよく相談してください。

もみじさん

ありがとうございました。
良く相談してみます。

京都の婦人科医 先生
産婦人科

京都の婦人科医 先生

シスプラチンを2回する場合と3回する場合で効果はどれほど違うかについてははっきりしたデータはないと思います。
しかしCCRTは明らかに以前の放射線単独療法より効果は上がっていますので、可能ならもう一回我慢して治療され多はいかがでしょうか。そのほうが効果が上がることはまちがないですから。頑張ってください。

もみじさん

返信ありがとうございます。
やはりそうですか…
もう一度考えてみます。
ありがとうございました。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。