稽留流産手術と非結核性抗酸菌症

りりりぃ さん 解決しました

7年前に中葉症候群となり、その後4年前に一度稽留流産その後1人出産しました。その後2人目をと思ったら、2度の稽留流産をし、今回3月に妊娠をしました。
その際、検査結果に異常は見られないけど、第12因子が57ということと、流産が続くので、バファリン81という薬を流産予防にのんでいました。
飲み出して10日目あたり、妊娠5週くらいの時に、喀血し、軽い気管支拡張症がみつかりました。バファリンは中止になり、一週間の安静と止血剤で止まりました。その後一週間後の検診で、非結核性抗酸菌症の数値が0.93と言われました。そして、今回もまた稽留流産となり手術が控えています。
そこで、現在喀血入院後二週間くらい過ぎていますが、たんは毎日からみ、毎日軽い咳と少しの息苦しさ、時々胸痛があります。
まず、稽留流産の手術は、問題なく大丈夫なのかということと、非結核性抗酸菌症の今後の治療や、経過などについて、詳しく教えてください。よろしくおねがいします。
(30代/女性)

第五幕 先生

婦人科

またも稽留流産とのことで…心中お察し申し上げます。
稽留流産の手術は極端な話、局所麻酔でもやろうと思えばできますので、メスを使ったり全身麻酔でのどに管を入れる手術に比べると、ハードルは高くないと思います。
まず問題なくできると思われます。

非結核性抗酸菌症は、3種類のお薬を1年間飲み続けるのが標準的な治療法です。
ただ、一口に非結核性抗酸菌症といっても原因菌が様々であり、何の菌に完成したかによって治療成績がかなり異なります。
菌の種類によっては再発しやすく、何度も治療が必要になることもあります。

また、あなたは妊娠をご希望だと思うのですが、現状では妊娠してもアスピリンは飲めそうにないですし、でも飲まなければまた稽留流産に終わる可能性があると思われます。
また、非結核性抗酸菌症の薬は妊娠中の使用が禁止されているわけでは無いものの、何せ使用が長期になりますので、胎児に絶対に影響が出ないか?と言われると、大丈夫と言い切れるドクターはなかなかいないのではないでしょうか。
(ちなみに、この病気の治療の要とされているクラリスロマイシンには、頻度は少ないながら胎児口蓋裂の報告があります)
もし私が主治医だったら、非結核性抗酸菌症の治療と中葉症候群の今度の方針決定を兼ねて、1年間は妊活をお休みすることを提案すると思います。

りりりぃさん

ありがとうございます。
結局、バイアスピリンやヘパリンを使わないと難しいとなった場合、肺からの出血がある可能性が高くなり、そうなると妊娠はもう諦めざるをえないのかなと思っています。ただ、主治医の先生は、薬服用の期間とか副作用を考えると非結核性抗酸菌症の治療はあまりオススメしたくないとおっしゃっています。これは、妊娠を希望するかもと言ってあるからなのでしょうか?

第五幕 先生

妊娠希望の件もあるでしょうし、非結核性抗酸菌症の治療自体が、運がわるいと1年では済まないということもあるからでしょうね。

りりりぃさん

ありがとうございました。

手術は問題ありませんよ。
マック症と言われる非結核性抗酸菌症でしょうが、これはすぐに命にかかわることにはなりませんが、薬が効きにくい病気です。
治療は、通常の結核の薬にクラリスロマイシンという抗生剤を合わせ、1年以上飲む必要があります。
それでよくならない場合は、手術で悪くなっている中葉を切除するという選択肢もあります。ただ、手術は最後の手段です。
出産を考えなければ、何もしないで様子を見るという選択肢もあります。

りりりぃさん

ありがとうございました。結局、バイアスピリンやヘパリンを使わないと難しいとなった場合、肺からの出血がある可能性が高くなり、そうなると妊娠はもう諦めざるをえないのかなと思っています。ただ、主治医の先生は、薬服用の期間とか副作用を考えると非結核性抗酸菌症の治療はあまりオススメしたくないとおっしゃっています。これは、妊娠を希望するかもと言ってあるからなのでしょうか?

赤荻 栄一 先生

そうだと思います。非結核性抗酸菌症の治療は長くなりますからね。しかも、治療効果ははっきりしません。やってみないとわからないという感じがあります。
ただ、どうしてもという場合は、手術して中葉を取ってしまうという選択肢はあると思います。

りりりぃさん

ありがとうございました。

としおやまねどくたー 先生

一般内科

麻酔法は前回、前々回と同じ麻酔がいいでしょう。
今回も手術は大丈夫と推測します。
「非結核性抗酸菌症の今後の治療や、経過」は長期戦が予想されます。
主治医と相談しながら治療を続けてください。
今後とも食生活には気を付けてください。

りりりぃさん

ありがとうございます。結局、バイアスピリンやヘパリンを使わないと難しいとなった場合、肺からの出血がある可能性が高くなり、そうなると妊娠はもう諦めざるをえないのかなと思っています。ただ、主治医の先生は、薬服用の期間とか副作用を考えると非結核性抗酸菌症の治療はあまりオススメしたくないとおっしゃっています。これは、妊娠を希望するかもと言ってあるからなのでしょうか?

としおやまねどくたー 先生

非結核性抗酸菌症自体の問題です。治療を継続してもあまり変わらないのです。

りりりぃさん

ありがとうございました

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

Q

胃炎からスキルス胃がんの可能性

30代/女性

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。 (30代/女性)

6名が回答 胃腸・消化器

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。