Q

子宮頸がんステージ4Aの5年相対生存率について

妻が1ヶ月前に緊急入院、子宮頸がんステージ4Aと診断され、現在 放射線療法と化学療法(シスプラチン)を行っています。
かなり厳しい状況だと認識はしていますが、希望を持って治療に臨んでいます。
今回お聞きしたいのは『全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査(2016年2月集計)』における5年相対生存率についてです。
その中でステージ4Aの生存率は19.5%となっています。私の認識では5年相対生存率はその腫瘍に関しては再発のリスクがかなり少ない状況になった状態の患者の割合というイメージなのですが、子宮頸がんについてはどうなのでしょうか?実際この「19.5%」に入った場合は浸潤していた腫瘍組織が消失したり、リンパ節内の腫瘍も認められない状態まで回復することもあるのでしょうか?統計的な数値に対してどこまで期待して良いのかわからず実際に症例に接している婦人科の先生の声をお聞きしたいと思い質問した次第です。よろしくお願い致します。
(40代/女性)

質問者:りゅ〜 さん

2人の医師からの
回答があります

第五幕 先生

第五幕 先生による、りゅ〜さんの子宮頸がんステージ4Aの5年相対生存率についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。