めまい、ふらつき、左の頭がぼっとする、斜視

くま さん

もう3年ほど前から、めまい(ふわふわした感じ)とふらつきがあり、ここ1年くらいは常に左の頭全体にもやがかかったようなぼうっとする不快感があります。もともと、近視が強く、乱視もあって、2年ほど前に両眼に多焦点レンズを入れる手術と白内障の手術を行いました。見え方は良くなったものの、めまいやふらつきはよくならず、一番ひどいめまいの時に、耳鼻科を受診しましたが異常ないといわれました。一年後ぐらいに、左目が見にくく後発性白内障をレーザーで手術しました。そのあと、レンズを入れた眼科での検査で左が内斜視といわれ、左の視力を出す眼鏡を処方してもらいました。眼鏡を使っても、特に午後になると、鏡を見ても、左目が寄っていて焦点が合いません。内斜視の検査と同時に別の病院で、脳の MRIも見てもらいましたが問題ないとのことでした。
内斜視に関しては、大学病院を紹介され今年終わりごろ手術をする予定ですが、最初に書いためまい、ふらつき、左の頭がぼっとする症状がだんだんひどくなり、疲れやすくなり、特に午後から夕方になって仕事にも支障が出始めています。暗いところにいると、症状がは軽減されるので、自宅で夜は蛍光灯をあまりつけない生活をしています。この症状以外には、健康診断では問題なく、運動もよくしていますが、ストレスは抱えているほうでよく眠れないことが多いです。

内斜視の手術をすることでどのぐらい、めまいやふらつきや頭の症状が改善される可能性があるのかを知りたいです。また、手術までまだ半年以上あるので、その間、これらの症状に対して、日常生活で何か対策はないかお伺いしたいです。
(50代/女性)

2名の医師が回答しています

どらごんへっど 先生

神経内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

Q

胃炎からスキルス胃がんの可能性

30代/女性

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。 (30代/女性)

6名が回答 胃腸・消化器

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。