高齢の母の連続手術に対する不安を取り除いてあげたい

person70代以上/女性

もうすぐ78歳になる母が、昨年11月に子宮体がんにて子宮・卵巣を腹腔鏡で全摘出、
肺への転移が見られたため、現在抗がん剤治療中でしたが、6クール中の4クール終わったところで胆石が胆管に落ちたことによる激痛で救急搬送、胆嚢に100個以上の石が見つかりました。
抗がん剤治療の数値は今のところ問題無いので、危険性から最優先し、
いったん抗がん剤はお休みして胆嚢摘出手術を行うことになりました。

母は私達娘2人を産んだ時以外入院したこともない病気知らずだったため、
11月、そして今回今月5月か来月に予定される2度もの手術に不安を隠せません。
まだ覚悟がないだけだと思うのですが、母を励まし、見守り、なるべく治って元気になりたい!自ら治してやる!という気持ちで手術に臨んでもらうにはどのように母に接すればよろしいでしょうか。今のところは「治りたい」という気持ちと「本当に大丈夫だろうか」という気持ちで情緒不安定になっています。

例えば、
「がんばろう!」とは言わない、
「必ず良くなるよ、手術は心配ないよ」など不確定な予測を言わない、
「やるしかないでしょ!」など強い言葉で悟したりしない、、などの注意点と、
「こんな風に話しかけたら、自分で納得して手術という難関を乗り越えられる」というような言い方・言い回しがあれば教えて頂きたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

person_outlinenattounattou さん -

3名の医師が回答しています

A.マンスン 先生

精神科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師