白黒思考の緩和に伴う病状の回復

person30代/女性 解決済み

私は、境界性パーソナリティ障害と診断を受けて、2週間に一度の通院と少量の服薬を続けながら、今は非常に安定しながら日常生活も対人関係も円滑に過ごしながら、治療も上手くいっています。
境界性パーソナリティ障害の症状の1つでもある、白黒思考(デジタル思考? 0か100か、全か無かなど)が私にもあり今は少しずつよくなっているのですが、もしかしたら、過去に陽性転移をしたときも白黒思考があり、対人様式や投影性同一視だけでなく、
極端な捉え方があったのではないかと思いました。

それに加えて、一時期は陽性転移に対して抱いた気持ちが辛すぎて、感情が揺さぶられていたのですがその好きか嫌いかというような白黒思考が今は、落ち着いたので
陽性転移の経過を客観視しても、私は今は辛いとは思いません。
これは、病状がよくなっているからこう思えるのでしょうか?

陽性転移に関しては、もし何かの機会でその医師にお会いできるなら、もう一度だけお会いできるだけでいいという気持ちで納得しています。
なので、過度な期待や理想化は改善されました。

また、白黒思考というのは自分自身に対してや他者に対してなど、色々な場面で起こりうるであろうと思うので、なるべく白黒思考になっていることを自覚しながらすぐに修正して、発言したりできるようになりたいです。

文面だけでは判断できませんが総合的に、よい治療過程であると信じたいのですが、いかがでしょうか?

もちろん、いくらよい治療過程までたどり着けていたとしても、これからも大変なことや辛いことは沢山あると思うし、その逆の幸せなこともあると思います。
強いて言えば、病状の回復とともにストレス耐性やさまざまなことを乗り越える力がつくので、以前よりは楽になるだろうということを、私は推測しました。

何か回答を頂けたら幸いです。

person_outline微笑み さん -

2名の医師が回答しています

A.マンスン 先生

精神科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師