直腸カルチノイドの大きさについて

person30代/女性

直腸カルチノイド腫瘍の大きさについて、以前にも同じ様な質問をさせていただきましたが、今一度質問させていただきたく宜しくお願い致します。
1)私がEMRで切除した腫瘍の大きさは、標本上4mm×2.5mmと記載がありました。この標本とは「蝋で固めて半永久的な標本を作成する」と病院の臨床検査/病理部門の説明にありました。
・標本作成はこの方法が一般的ですか?
・この標本作成方法だと、腫瘍の大きさがかなり縮小してしまって腫瘍の大きさとしては参考にならない可能性はありますか?
・ホルマリン固定と聞きますが、この方法だとホルマリン固定はしないで蝋で固めてしまうのでしょうか?
2)腫瘍の大きさとは、粘膜内の腫瘍だけの大きさの事ですか?腫瘍の周りの粘膜も含んだ大きさの事ですか?
例えば、私の直腸カルチノイドの大きさについては、下記の3種類(大腸カメラ検査後説明/EMR手術後説明/ 病理検査結果)説明を受けました。
・大腸カメラ後(粘膜の盛り上がり?):5-10mm
・EMRの切除材(粘膜含む):10×8×6mm
・腫瘍の大きさ:標本上4mm×2.5mm
3)直腸カルチノイドは腫瘍の大きさが10mmを超えると転移しやすいと言われていますが、この「腫瘍の大きさ10mm」というのはどの状態の腫瘍の大きさと考えればよいですか?

宜しくお願い致します。

person_outlineゆうこ さん -

3名の医師が回答しています

はっし~ 先生

病理

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

関連リンク

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師