Q
解決しました

発熱性好中球減少症治療後の留意事項について

先月、食道がんの3次治療としてネダプラチン、5-Fuの投与を入院して受けたのですが、退院後2週間過ぎ7月末に38.5度と発熱し、白血球が800球、好中球が41%と減少してしまいました。そこで、緊急入院して抗生剤のダゾピぺを1日4回の投与4日強、併せて好中球を増やす薬剤の投与も行い退院することができました。好中球は増え、白血球も7500球まで増えたのですが、血液検査のデータを見て今までの数値と明らかに異なる項目があり、抗生剤の影響なのかを知りたいと思っています。
データに変化が現れた項目と数値ですが、TP5.8g/dl、A/G比1.00、クレアチニン1.11ミリグラム/dl,、eGFR39、AST/ALT3.60、LD338U/Lで腎臓機能の低下などが続くのではないか、今後の抗がん剤治療が続けられないのではと不安に感じています。食事などで改善できることがあるのか、また、時間と共に回復していくものなのかお教えいただけないでしょうか。

(60代/女性)

質問者:ひみ さん

3人の医師からの
回答があります

ベテラン腫瘍内科医 先生

ベテラン腫瘍内科医 先生による、ひみさんの発熱性好中球減少症治療後の留意事項についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。