コンジローマ発症リスクの低減対策

person50代/男性 - 解決済み

性的接触によるHPV6感染に関する質問をさせていただきます。遡れば今年の春ころ、また6月ころ短時間ではありますが、避妊具無しの性行為をしたことがあったのですが、つい最近8月後半、その相手からコンジローマが見つかり今度手術を受けるとか、またこの相手複数の人と関係があり、2名ほどコンジローマになったということを告げられました。
たしかに思い出せば、春頃、鼠蹊リンパ節あたりの痛みがありなんかバイキンでも入ったのかということがありました。
まだコンジローマは発症しておりませんが、潜伏期間が長いとのことで感染している可能性があります。他人にうつしたくありませんし、今のうちに発症を抑える方法についてお聞きしたく。
現段階で病院行っても診察されてもブツブツができてないので、なにも処置してくれないと思います、当然ベセルナ軟膏などの処方はしてくれないでしょう。比較的副作用が少ない方法でウイルス撃退する方法を模索し、現在薏苡仁を飲むようにしています。
これだけでは多少不安で、感染可能性のある部位(一本まるごとですが)に免疫を上げる、もしくはウイルスを抑制するなどの軟膏をつけることを検討してます。

ネットでいくつか調べると強くない薬で、
サリチル酸軟膏、尿素軟膏、ヘルペス用の軟膏、薏苡仁入りの軟膏、イソジン軟膏とかいろいろ効果があるように書かれています。
実際発症したら病院にて適切な処置を受ければいいのですが、現段階でなにをぬっておけば、副作用リスク少なく、ウイルス撃退、発症を抑えられる可能性が高いと思われますでしょうか?

person_outlineけんさん

4名の医師が回答しています

ゆぱ 先生

産婦人科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師