子宮頸がん細胞診の結果の説明文について

person40代/女性 - 解決済み

6月の細胞診で
class3 asc-h
「N/C比の高い小型異型細胞がみられる。
高度異型病変が否定できない。」

ということでコルポ診を受けました。
結果はCIN2ということで手術は免れ2か月後にまた細胞診ということになりました。

9月になり受けた細胞診では結果は同じ
class3 asc-h。ガッカリしたのですがそのあとの説明文は前回と違い

「好中球等の炎症細胞を背景に扁平上皮細胞が採取されています。扁平上皮細胞では、軽度から中等度の核腫大を認める。
核クロマチンの増量は軽度。
中等度以上のdysplasiaを否定できない。」

と書いてあります。
先生方、これってどんな感じなのかお教え下さい!
近々ウイルス検査もしますが、前回と書いてあることが全然違うし意味も分からないし心配です。
よろしくお願いします。

person_outlineバランスさん

4名の医師が回答しています

第五幕 先生

婦人科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師