直腸カルチノイド(NET)での症候群の症状について

person50代/男性 -

7月末腎臓癌術後半年検診の大腸カメラのフォローにて、直腸カルチノイド(超音波内視鏡にて、粘膜筋板までで、粘膜下層には見られないサイズ8mm)と診断されました。
仕事の都合等もあり、12月にESD手術を行う予定をしておりますが、最近10月に入り、下腹部痛(毎朝腹痛で目覚める)・おなら(頻便)・下肢のだるさがひどくなりつつあります。
1、直腸カルチノイドの場合は、進行が遅くかつカルチノイド症候群は発生しにくいと
  と聞いていますが、進行が速いものもあるのでしょうか?
2、カルチノイド症候群は、湿潤・転移が無ければまず発生しないと言われてリますが、
  湿潤・転移が進んでいるのでしょうか?

お教えください。よろしくお願いします。

person_outlineゆうちゃんさん

3名の医師が回答しています

相談医師 先生

消化器内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師