脊髄腫瘍の後遺症について

person50代/女性 -

50代の母が脊髄腫瘍(頸髄C6~C7、おそらく神経鞘腫、硬膜内髄外~硬膜外、ダンベル状で脊髄が強く圧迫され、偏位し、変形している)と言われました。首の痛み、手足のしびれ、温度の感覚異常はあり他人の足で歩いているような感覚だと言いますが、歩行障害もなく、日常生活は普通に送れています。
2か月後に手術が決まりましたが、詳しい説明は入院のときにとのことで、合併症や後遺症はまだありません。
調べると、様々な障害について記載がありましたが、頸髄の神経鞘腫の手術後、日常生活に支障のある後遺症はどのくらいの頻度で起こるのでしょうか。

person_outlineあいさん

4名の医師が回答しています

ピーちゃん 先生

整形外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師