側頸嚢胞の手術の必要性の有無

person30代/女性 -

約8年前に風邪をひき、首が腫れました。検査した結果、良性の腫れ物で生まれつきの側頸嚢胞があるということが判明しました。薬を飲み、すぐに腫れが完全にひきました。
現在30代後半で、それ以降、風邪を引いたりしても1度も腫れる事はないのですが、調べたところ、側頸嚢胞で手術された方達は、一度腫れ上がると腫れがひくことはなく手術しなければいけない、という診断を受けて手術されているようです。
まれに癌化する事があるので定期的な検査や手術も視野に入れた方が良いというのが一般論のようですが、確率として側頸嚢胞があることに気付かず一生を終える方も多いのでしょうか?また、実際に腫れは治まったので、あえてリスクも伴う手術をする必要性はないと言えるでしょうか?

person_outlinehase5510さん

2名の医師が回答しています

神奈川の耳鼻科医 先生

耳鼻咽喉科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師