中心静脈カテーテルの必要性、方式

person60代/女性 -

パーキンソン病を長く患っている母が(69歳)、10月頭に転倒し大腿骨骨折しました。
11月半ばに回復期リハビリ病院に移り、在宅復帰に向けて頑張っています。

その母に対し、リハビリ病院の主治医が中心静脈カテーテル(体外式)をすすめています。1日でも早く、と急かされています。

理由としては、
・150センチ 30キロとかなり痩せ細っていること(骨折後に、数キロ痩せてます)
・栄養状態(アルブミン)の数値が2.8と非常に悪いこと
・(骨折後から)讌下障害もあり、今の病院ではソフト食は食べれてはいるものの、摂取量が少ないこと(3~4割といったところ?時によりもっと少ないことも)
病院からの補助栄養剤も摂取しています。
・数日前にいきなり低血糖で意識混濁したこと
・下痢と便秘を繰り返しており、消化器の吸収が悪いと思われること
・普通の点滴だと限界があること、血管が見つけづらいこと
・栄養が取れてないから、リハビリの負荷がかけづらい(栄養状態が回復したらカテーテルをやめることは可能)
などです。

まずお伺いしたいのが、量は少なくとも口から食べれているのにも関わらず、このような状態だと中心静脈カテーテルや胃ろうなどの対処をすることが普通なのでしょうか?

またそれが必要だとして、手段をリハビリ病院がすすめる体外式の中心静脈カテーテルで始め、長く続くようなら&リハビリ病院退院後に在宅で対処しやすいcvポートへ変更する処置を考えています。
二回処置があるのは母にとって苦痛だと思いますが、現実的でしょうか。

リハビリ病院が総合病院でないので、おそらく胃ろう・cvポートができないことから、選択肢がないようです。
ただまだリハビリ入院をしておきたいことから、他の病院に移ってcvポートや胃ろうの対処することも難しく、そのようなことを考えています。

person_outlineまなさん

4名の医師が回答しています

目玉のおやじ 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師