脊髄硬膜外脂肪腫の手術について

person40代/男性 -

lock有料会員限定

これまで腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症との診断を受けていましたが、昨日の診察の際に脊髄硬膜外脂肪腫であると言われました。
手術をして生検して良性か悪性か確定すると言われました。
手術は椎弓切除術で大きく開いて除圧して、術後2週間の入院が必要と言われました。
元々脊柱管狭窄症の診断を受けたときは脂肪が広範囲に付着してると言われていたのですが、椎弓切除術というのは開窓術と違って脊椎を大きく削る手術なのでしょうか?
もしそうであれば、チタンなどで脊椎を固定することになるのでしょうか?
主治医は手術の説明をするときにMRI画像の腰椎の1~5番を指さしていました。
固定をすると脊柱管狭窄症を再発しやすいと聞いたので心配しています。
ちなみに私は高度肥満に該当すると思います。

person_outlineりく太郎さん
4名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師