双極性障害におけるデパケンRについて

person50代/女性 -

母が双極性障害で以前からこちらにお世話になっています。
母の薬について質問です。
今年に入り躁がかなり酷かったのですが、転勤先から地元に戻り、かかりつけが医大になりました。
甲状腺の数値があまり良くなかった為、リーマス400mgが中止になりデパケンRを1日200mgになりました。
最初だから少ない量なのかな?と思いましたがデパケンRに変わって2週間後の診察でも200mgのまま、その1週間後の診察でも200mgのままです。
デパケンの量は変わらず次の診察は1ヶ月後となりました。
大学病院で、しかも精神疾患に対して割と力を入れている病院です。
デパケンの量は少ないですが、躁はかなり抑えられています。
毎日運動もしますし、イライラする事もなくなりました。
引越しで環境が変わった事が一番の薬なのかもしれませんが…。
血液検査も毎回していますが、デパケンの血中濃度はどの項目を見ればいいのか分からないので教えて頂けませんか?
また、デパケンは割と最適血中濃度以下でも効果がある、とどこかで見た気がするのですがどうなのでしょうか?

person_outlineころんさん

5名の医師が回答しています

A.マンスン 先生

精神科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師