人工関節手術後の脱臼について

はな さん

変形性股関節症による人工関節置換手術を母が10月中旬におこない、12月中旬のPTのストレッチ中に脱臼し、人工関節器具を変更するため再手術を行いました。
再手術しましたが、膝を曲げた状態での足の開閉は脱臼しやすいため、禁忌と説明を受けました。

母は20代の頃に股関節脱臼のため屋根をつくる手術を行い経過良好でしたが、10年前くらいから痛みがひどく、5年前くらいから杖歩行で痛みもあるため、手術をすることにしました。

病院からの脱臼についての説明は
・本人が起き上がった際に脱臼した、PTに落ち度はない
・骨盤位置が右側が上がっていたのが、リハビリにより骨盤位置が正しく治ったこと
・手術により緊張した筋肉がリハビリにより緩んだため、どの程度緩むかを推測するのは医師の経験による
・脱臼リスクは数%ある

初回の手術時にも骨にヒビが入り(骨が細くなっていたそうです)、1ヶ月間荷重ができませんでした。

また、同じ執刀医の同部屋の患者さんも、脱臼を繰り返し、脱臼癖がついてしまったそうです。

今後もまた脱臼するのでは、脱臼を繰り返すことで歩けなくなるのではと不安です。
また、脱臼したこと、脱臼しやすい動きが残ってしまったのは、手術ミスではないのでしょうか?
(60代/女性)

5名の医師が回答しています

関西整形外科 先生

整形外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

Q

胃炎からスキルス胃がんの可能性

30代/女性

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。 (30代/女性)

6名が回答 胃腸・消化器

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。