緑内障治療の今後について

person60代/男性 -

lock有料会員限定

昨年6月の人間ドックで眼圧の疑いで再検査必要と診断されました。
そこで後日眼科医院に行き視野検査等を行った結果、緑内障と診断されました。
診断して処方された点眼薬は、ラタノプロスト点眼液0.005%で3か月程度治療続けましたが、その後ルミガン、ビマトプロスト点眼薬0.03%に変わり現在に至っています。
先月診察時に眼科主治医に点眼してきていますが、目がさっぱりしないで重いような感じがし続けるので、時間をおいて目がすっきりするような点眼薬がないかどうか尋ねましたが、作用に問題が出るので他の点眼薬の併用はいけないといわれて日々のことなので困っての毎日です。
目がだるいので3日間は点眼していません。
なんとなくさっぱりしてきたような気持ちです。
この先どうしたらよいのかわかりません。
ご教示くだされば有難いのですが。

person_outline遠き昭和に乾杯さん
2名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師