初期の帯状疱疹の神経ブロック治療について

person40代/男性 - 解決済み

一昨日の朝から右側の鼠径部、臀部にピリピリとした痛みが走り
今朝、腰から臀に赤い発疹が出ましたので(全て右側です)
すぐに皮膚科を受診、初期の帯状疱疹と診断されました。
アメナリーフ錠、カロナール錠、ビダラビン軟膏を処方してもらいました。

ところで、日本ペインクリニック学会のHPの
「帯状疱疹後神経痛(PHN)予防のための神経ブロックの有効性」という内容を拝見したところ
>PHNへの移行に関しては、神経ブロックが影響する可能性があり、
>神経ブロックの影響は発症からブロックまでの期間が短いほど有効である
とありました。

現状ですが、今朝から痛みが増し、常に右側の鼠径部や内腿にピリピリとした痛みがあるものの
耐えられない痛みではありません。しかし鼠径部に突然ズキッとした痛みが走ると、
身体がビクッとなり運転中は危ないと思うこともあります。
一方で、発疹はまだ水膨れにもなっていない状態です。

若干オーバーな気はしますが、今のような状態で、
ペインクリニックにて早期に神経ブロックの治療を受けることは
「痛みの緩和」と「PHNになりにくい」という二点で効果はあるのでしょうか?

補足..会社のすぐ近くにペインクリニックがあるため質問させてもらった次第です。

person_outline悠 さん

6名の医師が回答しています

気が付けばアラ還 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師