脊柱管狭窄症の薬物療法と手術適応

person60代/男性

前回、脊柱管狭窄症についての薬物療法や手術について相談しました。拡張型心筋症関係でソタコール、アンカロン、コレステロール関係でメバロチン、高血圧関係でディオバン、脊柱管の痛みどめでマーズレン、ハイベン、ミオナール、トラムセットを同時服用しています。薬の併用は問題ないし、最終手段は手術であるということはわかりました。薬で痛みはほぼなくなったので、トラムセットを中止し、次に他の痛みどめを中止したところ数日でまた両足後ろにしびれが出てきたので服用を再開し、また痛みがとれてきたところで、とにかく、心臓にICD埋めているのでMRIがとれないので、行きつけの心臓の大病院の先生を紹介してもらいました。そこでは、造影CTはあるものの、本人が手術を希望しないならばしない方がいいという方針で、危険を伴う手術は避けたいので断って、薬物療法で様子をみることになりました。現在、薬の服用を再度中止したところですが、どうもまた足のしびれが少し出てきました。こうなると、将来のことを考えれば、永遠に薬物療法を継続するか、思い切って手術するか真剣に考えなければならないと思います。いくら問題ないと言ってもこれだけの薬を一生服用し続けるのは心配だし、手術も心配です。しかし、心臓の事もあり、あまり年齢がいってからでは手術がますます危険になるのではと思います。かかりつけ医はどうやら手術推奨で、大病院は手術慎重の傾向があるみたいです。1 薬物療法を永遠継続。2 痛みが出た時に薬物服用を繰り返す。3 薬物をやめて痛みをある程度我慢し、どうしても我慢できない痛みが出た場合手術。4 いますぐ手術。などどのような選択肢があってどうすればいいか助言いただけませんか。また、造影CTの必要性について、手術する場合のみに限るのか、具体的症状把握のため手術しない場合でも必要性があるのかについても教えていただけませんか。

person_outlineしょうちゃん さん -

4名の医師が回答しています

moriwaki 先生

脳内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師