Iga腎症患者の微量アルブミン尿について

person40代/女性

Iga腎症と診断されてから25年になります。寛解と言われていますが、最近、微量アルブミン尿があり、気になっています。

(これまでの経緯)
1995年 学校検尿で蛋白尿を指摘される
1996年 腎生検実施、Iga腎症と診断(荒廃なし)24時間蓄尿での尿蛋白0.11g/day
2008年 出産 24時間蓄尿での尿蛋白0.5g/day ディオバン服用開始
2009年 24時間蓄尿での尿蛋白0.15g/day以下を保ち、クレアチン0.6-0.8の間で上がったり下がったり
2016年 扁桃腺摘出

2008年より定期通院時に随時尿で、尿中アルブミン/クレアチン比を測定しているのですが、30mg以上〜300mg以下を推移していました。
2016年に扁桃腺摘出してからはこの数値が減ってきて、基準値の30mgを下回っていました。しかし、昨年一度45mgという数値が出て、その後は基準値以下に戻ったものの、直近の検査で83mgという数値が出てしまいました。24時間蓄尿での尿蛋白0.08g/day、クレアチニン0.63。血糖値にも異常はありません。ロサルタンカリウム 50mg服用中。

質問1:微量アルブミン尿が出るのは、Iga腎症の病勢が強くなったからなのでしょうか。
質問2:主治医は今後は4ヶ月に1度の定期検査で良いと言っていますが、問題ないでしょうか?

person_outlineガトス さん -

4名の医師が回答しています

yazawae 先生

循環器科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師