母親(77才)のPET検査の画像診断報告書について

person70代以上/女性 解決済み

※画像診断報告書の『所見』
右肺中葉切除後。右肺上葉の斑状病変にはごくわずかなFDG集積が見られるのみである。
右胸膜肥厚部にも軽度の集積が見られ、炎症を考える。
両側肺門リンパ節に軽度の集積を認める。炎症や生理的集積の疑い。
右副腎に軽度の集積を認める。生理的集積を考える。
右腸骨に軽度の硬化性変化や軽度集積を認める。変性等の疑い。

※画像診断報告書の『診断』
右中葉肺癌術後。明らかな転移再発は指摘できない。
右肺上葉の斑状病変はわずかな集積が見られる程度であり、CTで経過観察してください。

と表記されていますが、質問です。

1.右肺上葉に陰影が見られる事から、この検査をしました。
 少しずつ大きくなって現在1.27cmです。 
 大きくなっているなら、いずれ問題視されて手術するより、どれだけでも体力がある内に手術した方が良いかと思っていますが、手術する必要は無いのでしょうか?
 『診断』には、CTで経過観察してください。 とありますが、どうでしょうか?
 実際、担当医師が3人変わる中で1.27cmでも問題視していない医師もみえました。

2.『ごくわずかなFDG集積が見られるのみである』とは、どういった意味でしょうか?
 深刻な事ではないのでしょうか?
 FDG集積とはどういう事ですか?

3.右腸骨に軽度の硬化性変化。とはどういう事ですか?
 変性等の疑い。とはどういう事ですか?

よろしくお願いします。

person_outlineオルフェ7805 さん -

4名の医師が回答しています

神戸市の呼吸器外科医 先生

呼吸器外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

関連リンク

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

30代/女性 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師