サブクリニカルクッシング症候群の可能性

person40代/女性 -

原発性アルドステロン症確定とサブクリニカルクッシング症候群の疑いが出ています。
左副腎に15mmの腫瘍があるのはCTで確認済みで、近いうちに摘出手術予定ではあります。
静脈サンプリング検査をした時に、腫瘍がある側の副腎からコルチゾールもたくさんでているということでした。
日内変動はあって、朝が11夜中が4でした。
デカドロン1mgを夜に飲んで朝採血という検査をして今は結果待ちです。
サンプリング検査の時に、負荷前でコルチゾールが125でアルドステロンが20000とかなり高値でしたが、ACTH負荷をかけて再度採血した時に、右副腎側は増えているのですが、腫瘍がある左副腎の方はほぼ変化なしなんですが、これは検査の失敗ですか?
負荷をかけても増えないということもあるのでしょうか。
日内変動があってもサブクリニカルクッシング症候群の可能性はありますか?

person_outlineみかんまろん さん

1名の医師が回答しています

埼玉 泌尿器 先生

泌尿器科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師