膀胱がんの治療後、すぐに頸部リンパ節に転移

person70代以上/男性 解決済み

昨年の5月に膀胱がんが見つかり、11月にかけて膀胱がんの治療(抗がん剤、放射線治療、膀胱温存療法)を受けて、がんは検査機器及びTUR-BT検査(今年の2月実施)では消失したことが分かりました。しかし、5月に頸部リンパ節に1センチのがんが見つかり(甲状腺がんの経過観察)、細胞診では膀胱からの転移と診断(2カ所で確認)されました。その後にリンパ節のがん(複数個に散在、6個から2個にがんを確認)を手術で取り除き、結果はMRI検査でもがんは頸部全体からも見られませんでした。また、手術前のPET-CT検査(本年5月)では、頸部以外の体全体からがんは見られず、骨シンチ(同じ)でも異常はありませんでした。病院からのコメントは、今後の治療指針はなく経過観察でもよいが、がんが体全体に散らばっている可能もあり予防的に抗がん剤治療も考えられるということでした。リンパ節への転移は骨盤周辺と考えてていただけにショックでした。こんなこともあるのか、又はどんな時にこんなことになるのか、今後の治療方針を決めるアドバイスをお願いします。早く決めないといけませんが、心理的には何もしないよりは抗がん剤治療かなと。よろしくお願いいたします。

person_outline旅歩き さん -

4名の医師が回答しています

ベテラン腫瘍内科医 先生

血液内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

関連リンク

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師