脂漏性皮膚炎の原因と再発

person10代/男性 -

lock有料会員限定

昨年の冬頃、額に鱗屑があり深く考えずに6カ月放置して、症状が悪化したため皮膚科を受診し、脂漏性皮膚炎を疑われ真菌検査をしたところ多量のマラセチア菌(医師によると過去最多レベル)が検出されました。(炎症、鱗屑ともに重度)
まずはニゾラールのみで菌を減らし、炎症が残った場合ステロイド剤を使用するとの説明でした。

ニゾラールのみの外用を続けて1週間で症状がなくなりました。(炎症跡も残らず)
再び受診して真菌検査をしたところマラセチア菌は正常の範囲内に減っていました。

自分自身マラセチア菌の異常繁殖に心当たりがあり、入浴後の生乾きの髪にニット帽を被って就寝する生活をずっと続けていた(防寒着として)ことが原因かと医師に話したところ、マラセチア菌の異常繁殖の原因として皮脂の過剰分泌というより、多湿、生乾きによる雑菌繁殖の可能性が指摘されました。(ヘルメットなどで繁殖する場合もあるらしい)

1週間ニゾラール外用のみで重度の症状を抑えられたこと、軽快後2ヶ月間は保湿のみで症状が出ていないこと、肌質が丈夫そうなことから、体質ではなく帽子が原因で発症した可能性が高く、再発は大丈夫そうと言われました。心配なら再発防止としてニゾラールをたまに外用しても良いと指示されてます。

ここで質問なのですが
1.脂漏性皮膚炎の原因が生乾き状態で帽子を被り就寝する生活を続けたことはあり得るか
2.帽子が原因の場合、再発のリスクが減ることはあるか
3.再発と軽快を繰り返す場合、ニゾラールの効果が出にくくなることがあるか
4.再発を防止する策はあるか
5.脂漏性皮膚炎を発症しやすい体質(特徴)はあるか、あるとすればどのようなものか

長くなりましたがよろしくお願いします。

person_outlineSnさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師