副鼻腔炎疑いでのCT検査について

person30代/女性

お世話になります。1ヶ月以上鼻水が続き、耳鼻科に通院しています。前はよくなった感じがする時もありましたが現在はひどく、抗生剤を飲んでもよくならず、鼻詰まりと鼻水で、夜もよく寝られずつらいです。鼻水は透明のネバネバが多いですが黄色のも時々、またたまに血も出ます。今日また受診し、カメラも入れて検査していただきました。副鼻腔炎もあるが片鼻が腫れて狭くなっている、アレルギーもありそうとのことで、前にもらっていたビラノアをディレグラに変えていただき、その他クラリスロマイシン200mgを朝晩2回とカルボシステインは前と変わらず続けることになりました。片鼻はもともと狭いのにさらに狭くなっているそうで、副鼻腔炎もそちら側だけに見られるそうです。症状がひどいのも片鼻です。
ところで先生から、CTをとったほうがいいかもしれないと言われています。私も心配なので撮った方がいいと思うのですが、被曝も心配で迷っています。
今通っている耳鼻科にはCTはなく、近くにある脳神経外科で撮ることになるそうです。また自分で調べたところ、コーンビームCTという低線量のCTがある耳鼻科も近くにあり、相談可能なようです。
現在の通院先の先生はCTの違いをよくご存知ないようで、どちらでもいいのでは、という感じでした。
そこでご相談なのですが、やはり現在の症状であれば、コーンビームCTを撮った方がいいでしょうか?撮影できる範囲が限定的であることなど、調べてわかったのですが、どうせ撮るなら脳神経外科のCTの方が幅広く色々わかるのでしょうか。
片鼻だけの副鼻腔炎ということで、腫瘍なども心配しています。状態を詳しく知りたいとともに線量も抑えたいというわがままなお願いですが、どう思われますか。ご回答どうぞよろしくお願いいたします。

person_outlineみみみ35 さん -

6名の医師が回答しています

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師