腕神経叢損傷の新たな治療方法、2ndオピニオンは?

person50代/女性

妻58才の受傷事故による腕神経叢損傷について

約10ヶ月前、妻が自家用車運転中に、右側から飛び出してきた車が運転席ドアから後席ドアにかけて衝突し、右腕の痛み、しびれ、力が入らない等の症状があり、私立総合病院を受診。レントゲン・MRI撮影等の検査をした結果、画像上は事故による異常は見られないとのことでした。

腕神経叢損傷との診断のもと、別の整形外科医院に転院し、リハビリ・電気治療を開始していたところ、前回事故から2ヶ月後、信号待ちで停車中に追突される第2事故に遭いました。

このため、さらに症状が悪化したように思われ、それまでの治療に加え、週1回程度のブロック注射を開始しました。

第1事故から10ヶ月、第2事故から8ヶ月が経過し、握力はある程度改善してきたものの、しびれ・痛みは続いており、ブロック注射も継続中です。

数ヶ月前、テレビで神経再生医療の放送があり、そのような治療やセカンドオピニオンも選択肢にあるのではないかと考えています。
そのこともあり、当該医院に対してセカンドオピニオンを申し出ようと、妻の受診時に私も同行しましたが、当該医院では、『現行治療のほかは無く、手術等の対象外です』と断定的で、セカンドオピニオンを申し出ることもできない状況でした。

さらに、保険会社(事故加害者側)から、今月末(10月末)で打ち切りにするとの通告を受けています。

紹介を得られない状況ですが、少しでも改善できる、新たな、或いは別の治療方法はないものかと、国公立、或いは大学病院等の診察を受けてみたいと思いますが、無理があるのでしょうか?

person_outlineysaka さん -

5名の医師が回答しています

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師