胸骨中心部に鈍痛がある。好酸球食道炎の診断あり。

person50代/男性

54歳 男性、中肉中背、やや肥満。飲酒・喫煙無し。デスクワーク中心で食事は不規則です。
 最近、胸骨の真ん中辺りに軽い鈍痛があります。痛む時間は不定期で強いて言うなら食間(食後数時間後)です。痛みは胸骨中心の骨を押した様な鈍痛の時と、ひりひりした軽い痛みの時があります。痛みは強くなくふとした時に気づく程度です。痛みは胸の奥と言うより胸骨そのものか胸骨の裏と言う感じで表層に近い感じです。
1年3カ月前に胃の不調で胃カメラの検査を受けた際に「好酸球食道炎」の診断を受けています。説明等は受けましたが、食道炎の症状は無く、好酸球食道炎での投薬、治療は受けておりません。
その後も特に食道炎の症状は無かったのですが、上記症状が出てきたので気になります。食道がんの症状で胸痛もありますので気になるところです。ネットで調べると食道がんでの胸痛は初期症状で書かれている場合と、進行し食道壁を突き破った場合(進行した場合の症状)と書かれていますが、内視鏡検査を受けたほうがいいでしょうか?尚、一般的な食道がんの症状、飲食時につかえる感じ、嚥下障害、しみる感じ、体重減少、のどがかすれるなどの症状はありません。1年前に受けた健康診断でのレントゲンでも異常はありませんでした。

person_outlineeridaitan さん -

4名の医師が回答しています

相談医師 先生

消化器内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師