B型肝炎に感染するかしないか問題について。

person40代/男性

B型肝炎の感染するかしないかの質問についてですが、ここでもそうですが、質問者側からよくされる「B型肝炎ウィルスは環境表面上、少なくとも1週間以上は感染性を有する」とのネット上の文言(病院や、公的機関、大学の論文からのもので、エビデンスはあるものです)から、血が付着した服から感染するか、血をさわって、そこから粘膜部分に触れたら感染するか等の質問に対して回答者は「うつりません」、「大丈夫です」等の一言で一蹴してあるのを散見します。先ほど申し上げた通り、「1週間以上は感染性を有する」という文言を読めば、血が付着した服から感染するのではないか、血を触って粘膜部分に触れたら感染するのではないかと思うのは自然だと思います。しかしながら、「うつりません」、「大丈夫です」との回答しかなく、質問者からすればネット上(上記のエビデンスの元)では「感染する」、回答者(医師)は「感染しない」…、矛盾して質問者はちんぷんかんぷんになり、更に質問を繰り返すことになり、回答者はその質問の繰り返しに途中でエスケープする。また、「ご心配なら検査を受けることをおすすめします」とのこと。自分が感染しているかいないかの終局的な解決の方法としては適切ですが、矛盾に対して何もお答えしていただいていないと思います。日常生活で感染しないのであれば、環境表面上で「1週間以上は感染性を有する」との表記はいきすぎではないでしょうか?タオルの共用や、血液を触ったときはよく洗うなどの注意事項も考えすぎと言えないでしょうか。それぐらいで感染するなら、血を触って粘膜に触れれば感染するのではないかと思うのはおかしくないはずです。強迫性の方はこういった矛盾に対してこだわりが強いので矛盾を解消していただきたい、そういう思いで質問させていただきました。どなたか気概をお待ちになって回答できる方はおられませんか?よろしくお願いします。

person_outline13stars さん -

4名の医師が回答しています

とある麻酔科医 先生

麻酔科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師