非結核性抗酸菌のインフルエンザ予防接種について

person 50代/男性 -

主人(53歳)が今年5月に非結核性抗酸菌と診断され、投薬治療をしています。
肺に空洞が出来るほど症状は進んでましたが薬の効果が期待できるカンサシ菌だったそうで、薬の効果はみるみる現れ、熱も2ヶ月ほど前から下がり、落ちに落ちた体重も6キロ増えて、歩くと息が切れたり咳が出ますがそれでも本人はかなり楽になったようです。
そろそろインフルエンザが流行り始めますが、呼吸がしんどいため、マスクは辛いと言います。
非結核性抗酸菌でインフルエンザにかかったら、重篤になりますよね?
予防接種を受けたいのですがつい先日の診察の際に予防接種受けても問題ないのか聞くのを忘れてしまったと言います。
次回の診察は1月ですので、それまでには予防接種受けたいと思っています。
大きな病院でして、たいへん混んでいるため予防接種受けていいかを聞くためだけの受診すら予約が取れない状態です。
なので、先生方にご意見を伺いたく思い、書かせていただきました。
飲んでいる薬
イスコチン錠100mg 2錠

ヒドラ錠「オーツカ」50mg 1錠

ピドキサール錠10mg 1錠

リファンピシンカプセル150mg「サンド」 3カプセル

エサンブートル錠250mg 3錠

朝1回の服用です。

先程も書きましたが、熱は平熱になり2ヶ月ほどになりました。
ご指導宜しく御願い致します。

person_outlineりんりんさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師