肺の手術の延期について

person40代/女性 - 回答受付中

何度も相談させていただいている右肺S8にある10mmと4mmのすりガラス陰影についてです。2017年から経過観察していたこの二つの影のうち、10mmの方に2mmの充実部分が現れたと今年の8月のCTで言われ、その後1ヶ月以上待って、他の検査もなく、外科医に一度だけ会って、外科医がその8月のCT画像だけ見て、その場で右肺の1/3の1/3、すなわち肺の15%を4mmの小さな物も含めて切除、と言うことになりました。それ以来外科医にも手術まで会うこともできません。
12月中旬の手術と言われ4ヶ月待っていましたが、信じられない事にキャンセルになるかもしれないんです。
そこでお聞きしたいのが

1、カナダ在住なので、こう言う4ヶ月もの長い待ち時間になっているのですが、キャンセルとなるといくら進行の遅いおとなしいタイプの癌であるすりガラス陰影だとしても、これ以上待つのは転移などの可能性を考えると危険ですか?
日本に帰国して早く手術した方がいいですか?

2、延期だとしたらマックスあとどれくらいならここカナダで手術を待つ猶予がありますか?変化が始まると急激に進行する事もあると言う情報も見たので、とても不安です。

3、右肺の1/3の1/3、肺の15%を切除と言うのは楔状切除ですか?それとも区域切除ですか?手術時間は1時間、入院は一晩と言われました。

4、胸と背中が狭心症の様に締め付けられる様に痛くなる事が多々あり、心臓を心配していたところ、心臓より逆流性食道炎ではとこちらで回答頂いたのですが、それももしかしたら肺から食道へ癌が浸透し始めているのかと怖くなっています。

ご回答よろしくお願いします。

person_outlineころ さん

4名の医師が回答しています

yazawae 先生

循環器科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師