すい臓がんの完治、および再発について

person50代/女性 - 解決済み

今年の秋に混合型IPMNと診断され、先月に膵頭十二指腸切除の手術を受けました。
切除した臓器を病理検査に出した結果、癌化していたことが分かりました。
主治医の先生からは回診の際、浸潤はしていなかった為、今回の手術で癌は完治になると言われました。正式な説明はまだです。

1、すい臓がんは再発のリスクが高いのですか?

2、「完治」の基準とは何でしょうか?
残りのすい臓やその他周りの臓器は、病理検査のような調べ方をした訳ではなくても、既に癌が出来ている可能性はゼロと言い切れるものなのでしょうか?
というのも、手術を受ける前は、経過観察でいいレベルのIPMNですが念のため手術を受けるのもひとつの選択でしょうと言われていました。
しかし結果的には癌であった為、術後の話では、今回手術に踏み切らなかったら数年で手遅れになっていたかもしれないと言われました。素人意識で大変恐縮ですが、完治だと思ったけども数ヶ月後、残りのすい臓も既に癌化していたようなので手遅れです、ということもあり得るのではないかと不安になってしまいました。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご教示の程、宜しくお願い致します。

person_outlineあさこさん

4名の医師が回答しています

soso 先生

一般外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師