子宮体がん後のビビアントの服用について

person50代/女性 - 回答受付中

私は57歳で、2018年に子宮体がんになり、1A期,類内膜腺癌G1でしたが脈管侵襲があり抗がん剤治療をしました。
その前年の2017年に手首を骨折して骨粗鬆症予備軍(骨密度は70%以上あります。腰椎正面77%,左大腿骨86%)になり、ビビアントを服用しています。
治療したがん専門病院ではビビアントについて何も言われた事はないのですが、先日近所の婦人科にホットフラッシュの為に受診をしたら体がん再発予防の為にはビビアントじゃない骨粗鬆症薬に変えてもらった方が良いのではないかと言われました。
(近所の婦人科の先生には骨密度が70%以上あることを伝え忘れています)
怖くなったので翌日整形外科に行ってその旨を伝えて、週一回服用するビスフォスフォネート製剤「リセドロン酸Na錠」を処方してもらいました。
整形外科の先生はビスフォスフォネートは、骨密度が70%以下の人に使う薬だけど、私が乞うので心配ならば、処方しましょうと言う感じでした。
ただ、ここ数ヶ月胃の調子が悪く、胃腸科を受診したら逆流性食道炎と診断され、胃が治るまで服用は開始はしない方が良いと言われ、「リセドロン酸Na錠」の服用はまだしていません。

ビスフォスフォネート製剤はビビアントよりも強い薬で胃にも負担がかかるし歯茎も弱いので、ビビアントのままでも良いかなとも思っているのですが、乳がんや子宮がんの人はビビアントを服用し続けると再発リスクが上がってしまうのでしょうか?

person_outlinemk227 さん

2名の医師が回答しています

40代整形外科医 先生

整形外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師