ウィルスの感染経路・感染予防について

person60代/男性 - 解決済み

コロナウィルス感染・予防について、医師により見解が違うケースがあります。以下につき、特に括弧内のA/B/Cについて、認識が間違っている箇所があれば、ご指摘いただけますでしょうか。
1.空気感染はしない。(A:つまり、映画館など同じ空間にいても、患者から2m以上離れていれば、仮にその方が2時間マスクなしにずっと咳をしていても、空気感染することはない)接触感染か飛沫感染のみである。唯一リスクがあるとすれば、その患者が触った手すりなどに触った場合のみ、2メートル離れた席で2時間映画鑑賞していても、罹患しない。
2.ウィルスは目、鼻、口から入るといいますが、鼻と口からの感染に限定して考えると、まず鼻から入ったウィルスは喉に行く、口から入ったウィルスも喉に付く、喉に付着したウィルスは15分~20分程度で体内に入る。 したがって、よく医師が実施しているように、10分~15分前後毎にお茶や水を少し飲んで胃の中にウィルスを流し込めば、鼻、口から入ったウィルスと思われるウィルスによる感染しない、(B:鼻の粘膜からウィルス感染することはない。)
3.(C:マスクは感染者がするもの、予防のためにマスクしても意味がないという医師がいますが、それは間違いである。) なぜなら、マスクをすることにより、喉の湿度が上がるため、繊毛運動やウィルスを除外する能力が上がり、感染確率が減る。また、ウィルスに接触した手で無意識に鼻や口を触る習性があるが、それをマスクで遮断できる可能性が上がる、以上2点により、予防としてマスクをする意味はある。 予防としてマスクは意味がないといっている医師は、マスクをしていても隙間からウィルスが入るから意味がないと言っているが、もっと視野を広げて上記2点を考えれば、当然マスクはした方がよいに決まっている。医師も感染症患者を診察するときはマスクをするでしょう。【新型コロナウイルス(COVID-19)についての質問】

person_outlineeastlakeさん

7名の医師が回答しています

かながわ一般小児科医 先生

小児科

①空気感染ではなく、接触感染、飛沫感染、エアロゾル感染です。前2者については、手洗い・マスク、アルコール消毒、手すりなどに触らないなどの対策が有効です。エアロゾル感染は、換気の悪い密閉した空間に長時間曝露した場合に感染すると言われています。なので屋外、頻繁に扉が開閉する電車などではエアロゾル感染の恐れはありません。
映画館はそれなりに広い空間とは言え、密室の中で長時間過ごすことになるため、2m距離をとれば大丈夫かどうか、微妙なところです。やはり感染のリスクはある(ゼロではない)と思います。

②頻繁に水分をとれば新型コロナウイルス感染を回避できる、という科学的根拠はありません。

③仰る通り、きちんと装着すれば、予防効果はゼロではないでしょう。もちろんマスクをしていたからと言って、絶対に予防できるわけではありません。マスクに過度な期待はしてはいけない、という意味で、その医師は話したのではないかと思います。

eastlakeさん

ありがとうございます。
A: 映画館が危ないのであれば、デパートや新幹線(頻繁に扉が開閉しない)、クリニックや病院の待合室、トレーニングジム(教室)
などは、やはり危険ゾーン(感染の可能性があるゾーン)として考えた方が無難でしょうか。
B: 喉に付着したウィルスを胃に流し込めば、胃酸でウィルス(コロナもインフル)が死ぬから大丈夫と聞きましたが、科学的根拠はないのでしょうか? 
C:常識的なご回答でホットしました。 もちろん絶対に予防できるなどと思っている人はいないと思いますが、「健康な人がマスクをする意味は全くない、予防の観点でマスクをするのは全く意味がない、」などと言い切っている非常識な先生がいるので、もしかして、本当かと驚いていた次第です。(そういうことを言っている先生には、せきやくしゃみをする赤ちゃんを診察する際にも、マスクなしで対応してもらいたいものです→そんなことあり得ないと思いますが、、) 
ありがとうございました。

ena 先生

小児内科

新型コロナウイルスついては、空気感染をするかもという話もあり、まだ、分かっていないのが現状です。

違うタイプのコロナウイルスは、一般的な風邪のウイルスです。
一般的なコロナウイルスは、空気感染はせず、接触、飛沫感染です。

鼻粘膜からも侵入します。

空気感染の患者を診察するときは、N95という高精度のマスクをします。通常のマスクでは感染するからです。
ですので、通常のマスクで、ある程度は防げるかもしれませんが、感染力がつよければ、通常マスクでは意味がありません。
どちらかというと、感染予防よりも感染症を広げないという方が強いです。
飛沫感染をもらいにくいということはあるかもしれません。
マスクをしても、優位に湿度が上がるということはないと思います。マスク中の水分が飽和状態の状況でないからです。

eastlakeさん

ありがとうございます。感染症を広めないという意味でのマスクは当然ですが、仰るように飛沫を貰いにくくするという効果と言う意味では、また、手指についたウイルスで顔を触らないという意味では、マスクは有用ですね? やはり、健康な人が予防の観点でマスクをするのは全く意味がないといっていた医師が何人かいましたが、無責任な発言だということがよくわかりました。空気感染する(かも?)であれば、公共交通機関、映画館、デパートなど、どこでもかかる可能性があると理解してよいでしょうか?

あと、鼻の粘膜からもウィルスが体内に入るのであれば、理論的には(実際は無理ですが)、15分おきに鼻うがいをしない限り、鼻から侵入してきたウィルスに対する予防は不可能でしょうか?  

ブラウンジャック 先生

脳神経外科

1.空気感染もするのではないかということも言われています(インフルエンザでも密室であれば空気感染があり得るとされます)。咳による 飛沫は2mは飛ぶ可能性があります。
2.鼻の粘膜からは感染するでしょう。
3.マスクの隙間から、またマスクそのものを通過して(低機能マスクの場合)ウイルスは入ります。ですから「意味がない」という人もいます。ただ、例えば飛沫を浴びた場合の曝露は軽減できますし、マスクをしていれば自分の手で鼻や口を触る機会が減りますので感染対策になりますね。

eastlakeさん

ご回答ありがとうございます。
A:空気感染するのであれば、公共交通機関、映画館、デパートなど、どこでもかかる可能性があると理解してよいですね?
B 鼻の粘膜からもウィルスが体内に入るのであれば、理論的には(実際は無理ですが)、15分おきに鼻うがいをしない限り、鼻から侵入してきたウィルスに対する予防は不可能でしょうか? 口(喉)の場合は、15分おきにお茶を飲むことでウィルスを胃に流しこんで殺せるのですが、、、、  
C やはり一定の予防効果はありますよね、、、、誰がどう考えてもそうだと思います。安心しました。 
つけても全く意味、などとハッキリいいきる医師がいるので困ったものです。

RIGEL 先生

一般内科

1.基本は飛沫感染です。最近エアロゾル感染があるとされていますが、いわゆる空気感染(同じ空調をつかっていても発症)するわけではありません。
2.鼻粘膜細胞は感染すると思います。水をこまめに飲む方法の有効性は実証されているわけではありません。
3.一般の方と医療職が感染予防のためにするマスクの意味合いは異なりますが、医療職でもつけっぱなしにしているマスクは一般の方のマスクと同様の効果しかありません。つけっぱなしにしているマスクの防御効果は低いです。

eastlakeさん

ご回答ありがとうございます。
エアロゾル感染するのであれば、公共交通機関、映画館、デパートなど、どこでもかかる、3~5mほど離れていても、同じ空間にいれば、(例えば、新幹線の中など換気の悪いところに1時間も一緒にいれば、仮に3~4席はなれていても、)感染の可能性があると理解してよいですね?
B 鼻の粘膜からもウィルスが体内に入るのであれば、理論的には(実際は無理ですが)、15分おきに鼻うがいをしない限り、鼻から侵入してきたウィルスに対する予防は不可能でしょうか?  
C 健康な人がつけても全く意味がない、、、とまでは言い切れないですね? 喉の保湿、手指のウィルスを簡単に顔を触ってしまうことにより、運ぶことを防ぐ、、、という意味においては、

RIGEL 先生

飛沫感染であれば半径2m程度距離があれば感染のリスクは下がりますが、エアロゾル感染となるともう少し広がる可能性がありますので、お書きになられたようなご理解でおおむね良いと考えます。

鼻粘膜からの侵入を物理的に防ぐ事は不可能と思います。

健康な方のマスク装着(ずっとつけている場合)のメリットはお書きになった通りと思います。医療職でも通常レベルの感覚でマスクをしていれば感染します。濃厚接触においては相当徹底的にやらないと感染防御は困難です。

eastlakeさん

ありがとうございました。
夏ごろまでには収束するようだとされていますので、それまでは、不要不急の外出は控えたいと思います。

ピーちゃん 先生

整形外科

1.最近エアロゾル、空気感染があるのではと言う説が出てきておりますが確実な実証はされていません
2、経口からの感染は少ないと思われますがこれも数が多く実証されて問題ないとので完全に大丈夫と言う結論には至っていないです
3、マスクはどなたに対しても有益です、その方が感染していた場合マスクをしていないと批判は大きくされてしまいますので

eastlakeさん

ご回答ありがとうございます。エアロゾルというのは簡単に言えば空気感染ですね。 では映画館、電車、バス、など、どこでも(感染者から2メートル以上離れていても、同じ空間にいるだけで)感染する可能性があるということだと思っていてよろしいですね?
マスクは有益ですよね。 健康な人がマスクをする意味はないなどと言っている医師がいますが、あきれてしまいます。

ピーちゃん 先生

エアロゾルの指摘は空気の否定はできません、感染経路が不明な人もいるのであらゆる経路の可能性は考慮する必要はあります
マスクがいらないと言うのもどの様な意図なのかはこちらも疑問ですね

eastlakeさん

ありがとうございました。 事態が収束するまで、なるべく人混みは避けて生活したいと思います。

関西の精神科医M 先生

精神科

1 空気感染もあるかもしれませんし、飛沫も咳やくしゃみをすれば2m以上飛ぶこともあると思いますので、大丈夫とは言えないように思います。
2 鼻の粘膜からは感染すると思います。水分をこまめにとる方法も有効性が実証されているわけではありません。
3 マスクは正しく装着すれば一定の予防効果はあると思います。

eastlakeさん

ご回答ありがとうございます。
A 空気感染するのであれば、公共交通機関、映画館、デパートなど、どこでもかかる可能性があると理解してよいですね?
  そうであれば、そういうい所にはやはり、不要不急であれば、行かない方がよいですね。
B 鼻の粘膜からもウィルスが体内に入るのであれば、理論的には(実際は無理ですが)、15分おきに鼻うがいをしない限り、鼻から侵入してきたウィルスに対する予防は不可能でしょうか? 鼻から入ったウィルスは喉に付くので、喉から流して胃にもっていけば問題ないと言っていた医師がいましたが、いかがでしょうか?  
C やはり付けないよりは付けた方がよいに決まってますね。 安心しました。 ありがとうございました。

関西の精神科医M 先生

A そうですね。不要不急の人ごみへの外出は避けられた方が無難かと思います。
B 胃にもっていけば問題ないという確証はないように思います。

はるる 先生

全科

a,エアゾルでの感染の可能性はあると思います
b、ありえます
c、正しく使えば、50%ぐらいは、予防効果はあると思います

eastlakeさん

ありがとうございます
A 空気感染するのであれば、公共交通機関、映画館、デパートなど、どこでもかかる可能性があると理解してよいですね?
B 鼻の粘膜からもウィルスが体内に入るのであれば、理論的には(実際は無理ですが)、15分おきに鼻うがいをしない限り、鼻から侵入してきたウィルスに対する予防は不可能でしょうか?  
C やはり付けないよりは付けた方がよいに決まってますね。 安心しました。 つけても全く意味がないとハッキリいいきる医師がいるので困ったものです。

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師