気管支炎喘息あり、コロナウイルスで重篤になりますか

person 30代/女性 -

私は気管支炎喘息があります。ただかなりコントロールがよいとかかりつけ医からはいわれており、もともと小児ぜんそくが完治した(ほぼゼロレベルで11歳~35歳まで過ごす)のですが、一昨年インフルエンザになったときにたまたま悪化しぎりぎりのラインでしたが一応気管支炎喘息ということで診断となりそこから定期的に通院して治療しています。またかつてのゼロレベルに戻すためです。発作は小学生のとき1回以来起きたことはないです。喘鳴も小学生以来ないです。

気管支炎喘息で万が一コロナウイルスに罹患して悪化したらと心配しています。かかりつけ医からはコントロールがいいので大丈夫、むしろ怖いのは無治療のひとですよ、とのことでした。このかかりつけ医の話を信じておいて気を付けて過ごしていたらいいのでしょうか。【新型コロナウイルス(COVID-19)についての質問】

person_outlineミックスジュースさん

1人が参考になったと投票

6名の医師が回答しています

気管支喘息の既往のない方よりはリスクがあることにはなると思いますが、しっかり喘息のコントロールができているのであれば高いリスクがあるというわけではないでしょう。主治医の説明の通りだと思います。
今後もしっかり喘息のコントロールをされておくとよいと思います

全く呼吸器疾患のない人よりは、リスクは高いと思います。
ただコントロールが良ければ、その分リスクも軽減します。
現時点でするべきことは、感染予防に注意して、睡眠時間の確保・十分な栄養などで自己免疫力を高めることかと思います。

その主治医の言うとおりだと思います。
まずは、接触予防策(手洗い、手指消毒)により、ウイルスを体内に取り込まないように気をつけましょう。

気管支喘息でもコントロールは良好なようで何よりです。今は、うがいと手洗い、マスクを勧めます。主治医の意見に賛成です。

喘息はリスクになる可能性がありますが、担当医のいわれるようにちゃんとコントロールをおこなう必要があるとおもいます。

>このかかりつけ医の話を信じておいて気を付けて過ごしていたらいいのでしょうか。

はい、そうして下さい。

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師