ストレスと過食、体内の影響について

person30代/女性 - 解決済み

境界性パーソナリティ障害で、精神科への外来通院と服薬を続けています。

ストレスによる過食で体重が増加してしまったので、自分なりに調べて以下の文献を作りました。
明日の外来受診でまとめた文献を持参しようと思うのですが、内容にも問題ないでしょうか?

以下が、私がまとめた文章になります。

「〜ストレスと過食、ストレスによる体内の影響について〜」

⚪︎ストレス誘発性摂食(stress- inducd eating)

⚪︎ストレス誘発性過食(stress- induced hyperphogia)

交感神経系が関与
(ストレスホルモンの一瞬、アドレナリンやノルアドレナリン)

強い不安を感じる場合には、視床下部のホルモン〈CRH:コルチコトロピン放出ホルモン)が働き、CRHは食欲を抑えることで知られている。

一方、慢性的なストレスの場合、もうひとつのストレスホルモン(副腎から分泌)コルチゾールが重要な役割を果たす。
コルチゾールは、CRHの発現を抑制して、ニューペプチドY(食欲を高める)やレプチン(食欲を制御)の濃度を低下させることによって、食欲を高める。

結果、慢性的なストレスが太りやすい因子を作りやすくしてしまう。

甘い飲み物や脂肪分の多い食事を欲しがるようになるのは、脳内のオピオイド(麻薬様物質)や内因性カンナビノイド(大麻様物質)が関与していると考えられる。

これらの物質は、ストレスを軽減しコルチゾールを低下させる働きがあるものの、ストレスが続くと、甘い物や高カロリーのものを食べ続け、一種の依存症のようなかたちとなり、肥満になってしまう。

…私は、14歳の時から精神科への入退院、通院などくり返していますが、当時の担当医に「あなたは頭が悪い」と言われたことをまだ引きずっています。

person_outline*✲゜*teddy bear*✲゜*さん

1名の医師が回答しています

だだんだんDX 先生

消化器内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師