消毒液について

person 30代/女性 - 解決済み

新型コロナウイルスの消毒方法についてお聞きしたいです。
市販のエタノール製剤でエタノールの濃度は55%なのですが、エタノールと副剤の相乗効果で、高い静菌・除菌効果を発揮し、様々なウイルスをタンパク質存在下でも除去できます、と書いてあります。
厚生省は、濃度70%以上が望ましい、とありますが、上記のものでも今回の新型ウイルス対策に有効だと考えられますか?【新型コロナウイルス(COVID-19)についての質問】

person_outlineちゃちゃさん

コロナウィルスの表面はエンベロープと呼ばれる脂質で覆われており、エタノールによる消毒が有効で、石鹸などの界面活性剤にも弱い性質を有しています。新型コロナウイルス(COVID-19)は、62~71%濃度のアルコール(エタノール)、0.5%濃度のオキシドール(過酸化水素水)、0.1%濃度の次亜塩素酸ナトリウムを使用すると1分以内に不活性化が可能となります。55%であれば、副剤が何であれ効果は得られないと考えます。
簡便に消毒液を得る方法としては、次亜塩素酸ナトリウムの作製となります。家庭用塩素系漂白剤(一般的な5%であるとします)のキャップ2杯分(10ML)に水500MLを加えると0.1%濃度の次亜塩素酸ナトリウムとなります。物の消毒に使用できます。

消毒用アルコールも、入手困難なのが実情かと思います。
消毒用アルコールは、濃度が70%以上のものが有効とされていることが、厚生労働省のホームページにも記載されています。

副剤がどのようなものでどのような効果を示すか、不明ですので、
濃度70%以上のほうが有効なように思います。

70%が最も効果が高いと思いますが、55%でも70%のアルコールに大きく劣ることはないと思います。

一般的には、アルコール70%以上の使用です。
医療機関では、そのような商品は使用していません。

十分な効果があるとは言えないですが、それなりの効果があると考える事は可能でしょう。

副剤は何でしょうね。やはり70%以上のものを使った方が有効だと思います。

どうでしょうね。
70%以上が確実だと思います。

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師