本態性血小板血症 診療明細書について

person40代/女性 - 解決済み

たびたびお世話になっています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 本態性血小板血症と診断されています。
 この3月2日より、アグリリン朝、夜1カプセル服用開始。
 4月27日より上記のアグリリンに、バイアスピリンを、朝1錠追加になりました。

 血小板の数は、
99万 45 63 53は今日6月1日
と変化しています。
  毎回、採血検査と問診を受けます。

 お聞きしたいのは、本態性血小板血症は悪性腫瘍ではなく良性腫瘍だと聞いていたのですが、今日何気なく診療明細書を見たら、区分という欄の その他 に、抗悪性腫瘍剤処方管理加算 とあり、私は悪性腫瘍なのか とその言葉に怖くなりました。
 これは、アグリリンやバイアスピリンを服用しているからなのでしょうか?

person_outlineねこざえもんさん

4名の医師が回答しています

相談医師 先生

消化器内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師