子宮頸部高度異形成31型33型 手術方法について

person20代/女性 -

子宮頸部異形成手術方法について。

27歳未婚挙児希望です。

私の検査経歴です。
2019/06
市の無料検診
結果:4番の要精密検査

2019/07
細胞診:NI LM
HPV判定
結果:16型18型陰性
   他ハイリスク陽性

2019/08
コルポスコピー検査
結果:軽度異形成2箇所
中等度異形成1箇所

2019/09
HPVジェノタイプ判定
結果:31型33型陽性
 
2019/10
細胞診:NI LM

2019/01
細胞診:NI LM

2019/04
細胞診:HS IL
中等度〜高度異形成

2019/05
コルポスコピー検査
結果はまだだが主治医の所見によるとCIN3との事。

ハイリスク31型33型陽性かつ持続感染なので、手術したほうがいいと思いますが、未婚で将来、挙児希望のため、できるだけ流産早産のリスクの低い手術が良いです。
主治医によると、私はビランで、異形成部分が広いが、浅いため、円錐手術をしてもたくさん取らなくて良いと思うので、流産早産のリスクがそこまで高くないとは言われました。

レーザー蒸散法だと病理検査が出来ないので、悩んでいます。

円錐手術で子宮頸部を10mm以上とると再生しないとのことも本で読み、円錐手術に対して不安に感じています。

質問が以下2点でお願い致します。

1、私の検査結果より、レーザー蒸散法と円錐手術どちらが良いでしょうか。

2、レーザー蒸散法をして、その後の経過観察で、再び異形成細胞が出た場合、円錐手術をすることになると思いますが、レーザー蒸散法をしてから円錐手術をすることの体への負担は、当初から円錐手術のみをするよりも大きいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

person_outlineみみさん

1名の医師が回答しています

はっし~ 先生

病理

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師