尋常性疣贅における局所注射治療について(長文です)

person30代/男性 -

尋常性疣贅のため、2年ほど近隣の皮膚科に通院しています。
両足裏、両手爪に計18個ほどあり、特に足裏にある4つの大きなイボがとにかくしぶといです。
これまでは液体窒素、トリクロロ酢酸、炭酸ガスレーザーなどのレーザー治療、自宅でのステリハイド塗布やヨクイニン摂取など、大方の治療を行ってきました。

少しずつ改善はしていますがどれも決め手に欠け、しっかり芯を除去する必要性から、先日、薬剤の局所注射を勧められたほか、足裏の深い部分には、局所麻酔後にレーザーで切除する治療法も勧められました。
これまでの治療で散々痛い思いをしており、痛みにも敏感になっているため、局所注射の痛みに耐えられる自信がありません。

そこで、足裏に局所麻酔する場合、麻酔注射時の痛み緩和のため注射前に麻酔テープを使って貰えないかなと思ったのですが、一般的に皮膚科でこのような対応はして貰えるものでしょうか?

また、薬剤の局所注射の場合、ネットではブレオマイシンは激痛だとよく見かけますが、インターフェロンの場合はそのような表記を見たことがありません。ブレオマイシンが激痛だと言われるのはどのような理由でしょうか?(単に足裏や手爪など痛みに敏感な部位に刺すから痛いのでしょうか、それとも薬剤が体内で反応する際に強い痛みが出るのでしょうか。)

なお、当方、30代前半男ですが、3年ほど前から代償性肝硬変を患っています。今回主治医から注入する薬剤についての説明はありませんでしたが、ブレオマイシン注射の場合、何か副作用はありますでしょうか?

person_outlineみすたさん

3名の医師が回答しています

新潟の皮膚科医 先生

皮膚科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師