萎縮性胃炎と胃がんのリスク

person30代/女性 -

心配性と癌に対する不安があり、およそ10年間ほど、20代の頃から36歳の現在までに2年に一回の胃内視鏡検査を欠かさずしています。

2年前までは「胆汁の逆流はあるが、きれいな胃で何も問題はない。」と言われてきたのですが、2年前に血液検査による胃がんリスク検査をしたのをきっかけにピロリ菌抗体3.0(この時、ペプシノーゲンは陰性でした。)でギリギリ陽性ということがわかりその直後にした胃カメラで萎縮性胃炎があるのがわかりました。ちなみに内視鏡で検査したピロリ菌は陰性でした。
その時は先生から萎縮性胃炎はごく軽度と聞いていました。

ですが、先日2年ぶりに胃カメラを受けた結果、今回もピロリ菌の内視鏡検査ではやはり前回と同じく陰性だったのですが、「萎縮の度合いから、昔ピロリ菌がいたけれど風邪かなにかで服用した抗生物質が幸運にもピロリ菌を除菌してくれたのだろうね。」ということと、
萎縮性胃炎の範囲が広範囲だと言われて帰ってきました。
「60代や70代ならよくあることだと言えるけど36歳だからなぁ〜」と先生がおっしゃっていたのが気になります。
主治医の言う「萎縮性胃炎自体はごく軽度だけれど、広範囲である」という状態は胃がんのリスクとしては高いものであるのでしょうか。萎縮は軽度でも広範囲であることは、とてもよくないことなのではないかと不安に感じております。

また「2年前のピロリ菌検査も陰性で先日受けた検査でも陰性だったので現在ピロリ菌はいないと思われる。」とのこと除菌の必要はないと言われたのですが、
2年前の萎縮の範囲がそれほど広範囲だと言われていなかったので、この2年で萎縮の範囲が広がったのではないかと不安です。この先も一年に一回の胃カメラは必ずするつもりではいますが、この先どんどん萎縮性胃炎が酷くなるのではと心配です。
これ以上何かできることはありますか。

person_outlineyoumamaさん

3名の医師が回答しています

相談医師 先生

消化器内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師