Q

車酔いについて

知人の車酔いのことでご質問いたします。幼少の頃から現在までひどい車酔いに苦しめられ、手首にするバンド?など試したことはあるが、効果が無かったようです。小さい頃に車酔いしやすくても、歳をとって酔わなくなった人が多いようですが、車に酔うというのは、何によって起こっているのでしょうか?また、民間療法的なこと(オレンジジュースを飲むと酔いにくくなる、ペパーミントの香りを嗅ぐなど)を薦めたのですが、病気なので良くならないと言われました。どんなことでも構いませんので、車に酔いにくくなるためにお勧めのことがありましたら、ご回答をお願い致します。

質問者:ニッタ さん

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

小学校低学年までは、耳管の解剖学的な関係からバランスの異常や頭痛からの車酔いがおおく、わりあい多くの子供でみられます。

むしろ、大人になるにつれて本当の車酔いの症状がつよくなります。工夫として

1.出来るだけ、ゆれの少ない座席をえらぶ。
2.頭を出来るだけ動かさない。水平に保つようにする。
3.もちろん、本やパンフレットなどの読み物は読まない。
4.飲酒、喫煙をしない(協力の依頼も)
5.乗車前に食べ過ぎない。においの強いもの消化の悪いものも避ける。
6.可能なら窓をあけ、空気を入れ替える。
7.動きが感じられにくい遠くのものを眺める。
8.乗り物酔い防止の薬をのむ。
9.メンタルトレーニング。

結構、いい薬もあります。楽しいことを思い浮かべ、過去の車酔いの記憶の呪縛から避けるためのメンタルトレーニングも有効です。

D丸 先生

平衡神経関連で有名な先生がチョコレートを勧めていました。乗り物酔いと低血糖に関連があることもおしゃられていました。私のところにも同様な相談を受けたことがありますが、めまいを抑えるお薬(メリスロン)の内服で克服したケースがあります。理論上めまいも乗り物酔いも平衡感覚の障害なので効果が期待できたわけです。もちろんメンタル的な要素もありますので、その点のトレーニングも大切ですね!!私は車が好きになってからは治りました。

ニッタさん

ありがとうございます。さっそく知人に紹介してみます。ご回答の早さに本当にびっくりしています!

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

車酔いは、耳の奥の平衡感覚を担当している三半規管の敏感さによって起こることが多いとされています。対策としては頭を振る、動かす練習が大切です。あまり動かないでいても治らないとされています。対策のひとつとしての吐き気止めの飲み薬にも効果はあると思います。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。