急性糸球体腎炎、慢性腎炎

person40代/女性 -

3月終わりごろから咽頭痛があり、コロナの影響もあり、市販の解熱鎮痛剤を飲んでいました。
4月6日頃に咽頭痛、発熱(37度後半)、全身のひどい倦怠感で病院に行ったところ、尿蛋白+2、細菌+1、血尿+1、尿蛋白クレアチニン比0.49でした。
尿蛋白が気になるので毎月検査することになりました。
(薬はクラリスを7日分処方されました。)

5月の検査では、尿蛋白-、血尿-、細菌+1、クレアチニン0,21でした。

少し改善したのですが、6月にまた酷い倦怠感で検査したところ、
尿蛋白が+2、血尿+2、細菌+、尿蛋白クレアチニン比0,39とまた悪化していました。

採血で溶連菌感染した形跡があり(ASO)319と高かったこともあり、先生から急性糸珠性腎炎の可能性か、慢性腎炎の可能性があり、次は8月に尿検査することになりました。

お薬は倦怠感の漢方を処方していただいています。

血液検査による異常は何もありませんでした。

急性なのか慢性なのかも心配ですし、お薬を飲まなくてもいいのでしょうか?
あまりに、心配なので腎臓内科に行った方がいいのかも考えています。

あと、倦怠感は腎臓からくるのかも気になります。(先生からは尿蛋白と倦怠感は関係ないと言われました。)

どうぞ、よろしくお願いします。

person_outlineはるあんさん

1名の医師が回答しています

ひな夫 先生

泌尿器科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師