HPVと青年性扁平疣贅について

person20代/女性 -

去年の5月の子宮頸がん検診で、軽度異形成と診断されました。
経過観察を続け、6ヶ月後の再診ではNILMとなりました。

2週間ほど前に、顔の出来物を診てもらいに皮膚科に行ったところ、青年性扁平疣贅と言われ漢方を処方してもらいました。
皮膚科では教えてもらわなかったのですが、青年性扁平疣贅はHPVの感染によるものだと知り、気になることがあります。

・軽度異形成はNILMとなりましたが、HPVが消失した訳ではないのでしょうか?
・青年性扁平疣贅がHPVが起因になると知らなかったので、軽度異形成などの病歴は皮膚科で伝えてないのですが、伝えるのと伝えないのでは診断に変わりはありますか?(処方された漢方は普通に飲み続けて大丈夫なのか...と思い。)

person_outlinekmrさん

1名の医師が回答しています

yoiyoi 先生

産婦人科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師