歯性上顎洞炎、口腔外科

person40代/女性 -

歯根嚢胞らしき根に膿があり(1.5センチ位、二個)、にもかかわらず無理な根管治療を4か月もしていました。なんとなく苦しさがあり、治療から四か月後にCT撮影、歯性上顎洞炎、貫通していたことがわかりました。喉からねばねばしたものが出始め黄色い膿(3センチから5ミリくらい)のようなものがまじりました。
鼻の奥からの臭いもひどく、苦しくなり緊急抜歯をしました。
半年たちましたがいまだうがいのたびネバネバした粘液質な透明時々白いつば?らしきものが口からでます。鼻からの臭い、黄色い小さい膿のようなもの、時々あわっぽいつば?。後鼻漏でもないようです。黄色いものは耳鼻科で濃栓じゃないかといわれました。
耳鼻科にてcTもとりクラリス錠をのみ、副鼻腔の治療は治りました。というか当初から鼻水、鼻づまりは一切なく副鼻腔はほぼ正常とのこと、先生いわく粘液質なつばは鼻からではないとのこと。なにか他に考えられる原因はありますか?
口腔外科系の問題でしょうか。 宜しくお願いします。

person_outlinetenさん

2名の医師が回答しています

masatochan 先生

耳鼻咽喉科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師