先天性総胆管拡張症の癌リスク,予後

person30代/女性 -

先天性総胆管拡張症の予後、癌リスクについて教えて下さい。

先天性総胆管拡張症の既往があり、5歳の時に手術し胆嚢を取っています。

その後、13歳頃まではフォローアップで受診していましたが問題ないということで受診しなくていいとのことで普通に過ごしていました。

現在40手前です。

たまたまネットで拝見したところ、予後は良いとされていたが最近になって先天性総胆管拡張症の術後の癌が散発している報告があり癌になった場合の予後も著しく悪い(癌化した際の2年生存率が約30%)という文献を見ました。

5歳の手術の際に本来なら胆嚢をとらずに残すが癌化しにくくするため摘出したと聞いていてすっかり安心していたのですが癌化しやすいのでしょうか?

術後30年以上たっていて不安です。

また腎嚢胞があるため、年に1度は腹部エコーをしていますがもし癌があった場合これでわかりますか?

元々腹痛は起こりやすいです。
他に今のところ変わった症状はありません(肩こり、腹痛、首こりはあります)。

病院にいって調べてもらったほうがいいのでしょうか?

とても怖くて不安です。
アドバイスどうぞ宜しくお願い致します。

person_outlineぷぅさん

3名の医師が回答しています

相談医師 先生

消化器内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師